PR

2015年09月25日

ルビを振るの「ルビ」の由来を知らなかった私。

文章にある文字に、読み方のふりがなを降ることを「ルビを振る」と言いますよね。

昔から普通に使ってる言葉ですが、でもよく考えると「ルビ」って何なんでしょう?
ふと気になったので調べてみました。

日本で通常使用された文字に読み方をつける時の文字サイズが5.25ポイント相当で、
それがイギリスから輸入されたルビーと呼ばれる5.5ポイントと同じくらいだったから。


イギリスでは文字の大きさを宝石の名前をつけてよんでいたそうです。

(。・ρ・。)ヘー!
宝石の名前を文字の大きさに当ててるとはちょっとオシャレな感じがしますね!

参考:ウィキペディア(ルビ)

これでしっかり覚えておきます!
PR


ラベル:雑学 由来 ルビ
posted by おっとっと。 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | へ〜ってこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。